ブランド店じゃなくてもいい物は買える(と思う)

ブランド品って一種の安心感があるじゃないですかー。
でも、なにしろ高いのが辛いです。

お金持ちじゃありません

そーなんですよ。ブランド品ってたっかいんだよねー。
でもさ、みんな持ってるじゃないですか。
特に目立つのはバッグね。

ブランド品を選べは間違いがないっていう気持ちがあるのは確かたんだよね。
無難っていうか、事なかれ主義的な?

でも、そんな理由で選ぶには高すぎるお値段。
とても私のお小遣じゃ買えません。

え?誰かに貢いでもらえないのかって?
大きなお世話ですよ。まったくもー。

ブランド品

ブランド品って呼ばれているブランドには、長い歴史や革新的な技術力など、その信頼を裏付けるものを確かに持っているのです。
何にもなく支持を得た会社なんてないのです。
その信頼される理由を知り、それに惚れ込み、憧れて、ついにその手に取るのであれば、それはそれは幸せな買い物になるでしょう。

でも私はそんなの知らないし、ぶっちゃけ興味もない。
ヴィトンが人の名前なのかどうなのかさえ知らない。

近所の雑貨屋さん

というわけで、私がもっぱら利用するのは最寄り駅の雑貨屋さんです。
バッグも売ってるよ♪
雑多に商品が並べてあるそのお店にはいろいろなものが売ってる。結構お気に入りのお店。
大抵はノーブランド品です。

ノーブランド

タグとかがないのね。
ノーブランドって聞くとすげー怪しそうだけど、全然そんなことない。
しっかりした造りのものばかりです。
そのままブランド品のマークを入れれば、ぜんぜんそれで通りそうな品質。

あ、そういう例は傘に多いよね。ブランド品の折りたたみ傘2,000円くらいだけど、まったく同じ形・同じ柄の傘がノーブランドで500円で売ってるみたいな。

見る目を持つ

縫製とか、皮の状態とか、金具の状態とか、そういうのをざっと見てチャチか感じとか、きゃしゃな感じとかしなければ、大丈夫です。
服もそうです。縫製を縫製をみるのは大事ね。
いろいろ見ては、お店の人に聞いちゃいます。

小さなお店ならでは

お店の人と雑談できるってのはいいです。
セールストークを聴くんじゃなくて、雑談ね。

そうすることで、そのお店自体がどんなところから仕入れているのか、どんなポリシーで仕入れているのかがわかってきます。
やっぱりバイヤーがこだわり持ってると、安心感があります。

自分のお気に入りのお店をもとう

大きなファッションビルの中のお店でも構わないし、近所の小さなお店でも構わないです。
よく知るお気に入りのお店を持つと、自分の見る目も鍛えられるんじゃないかな。
そういうお店を探してみみませんか?(じ)